ペットロスで一週間泣きはらしました

PR|国内国際大会で数々の受賞歴のまつえく|

私が子供の頃に、家族でポメラニアンを飼っていました。

名前はポールで、ポールが私にとって初めてのペットだったのです。

ポールは家族の中でも私に一番懐いてくれ、家で一緒に遊んだり、散歩に連れて行ったりと、いつも一緒にいました。

しかしある時突然、ポールが辛そうな鳴き声を出して苦しみ始めてしまったのです。

私たち家族はしばらく様子を見ていたのですが、いつまで経ってもポールの苦しみが止まらないので、父が動物病院に連れて行きました。

私はその間、ポールが早く元気で帰ってきますようにと、神様にお願いをしていました。

ですが動物病院から帰って来た父に聞かされた言葉は、私に衝撃を与えたのです。

動物病院の獣医さんに診せたものの、手遅れだと言われたそうです。

そして間もなく息を引き取ったと言う事でした。

私は必ずポールが元気で戻ってくれると信じていたので、ポールが死んだと言う事を父に告げられ、しばらく放心状態になってしまったのです。

それから私はポールを失ったショックで、一週間ほど泣きはらしてしまいました。

未だにこの時の事は鮮明に覚えており、思い出しただけで涙がこぼれてしまいます。